検査

<MRI 注意事項>

鍵付ロッカーを設置しています。

MRI本体の故障や製品の故障、やけどの恐れがあるため以下のものは検査室内への持ち込みをご遠慮頂いております。

マスク・入れ歯・補聴器・義肢・かつら(ふりかけ粉)・

カイロ・湿布・コルセット・時計・眼鏡・ヘアピン・アクセサリー類・磁気カード・携帯電話・カラーコンタクトなど。

撮影部位に関わらず磁性体の可能性のある衣服は更衣させて頂きます。

当日担当技師の案内にご協力のほど宜しくお願い致します。

​その他、ご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

1.5T MRI
4列 CT
重心動揺計
多肉植物

MRI

1.5テスラMRI 1台

東芝 Vantage Titan

検査時の騒音を抑えた機種

年間約4000件の撮影実績​​

CT

4列CT 1台

​東芝 AsteionS4

頭部外傷 etc

整形外科、内科領域なども他施設からのご依頼で撮影しております。

平衡機能検査

重心動揺計

(グラビコーダGP-31)

直立姿勢に現れる身体の揺れを記録.解析して、からだの平衡(バランス)機能を検査するものです。

このバランス機能に障害を起こす疾患として、メニエール病などの内耳の疾患、脳循環障害などの中枢神経障害、加齢による脊髄反射障害などが挙げられます。

認知機能検査

VSRAD・長谷川式認知機能評価スケール

当院では物忘れセットとして​導入しております。

VSRADはMRIの画像を用いて脳の萎縮度合などを数値化するシステムです。

長谷川式は見当識.計算力.注意力などが正常に機能しているかを採点化するものです。